大分県産イチゴ「ベリーツ」旬入り宣言 JR大分駅前で300個無料配布

2022年11月24日 18:30更新

大分県産のイチゴが24日、旬入りを迎え大分市ではブランドイチゴ「ベリーツ」が無料で配られました。

 

赤く鮮やかに色づいた大分ブランドの「ベリーツ」。

県産イチゴの旬入りが宣言された24日、JR大分駅前では県などが消費拡大につなげようと道行く人にベリーツ300個を振る舞いました。

ことしは苗を植えた9月以降、晴れの日が続いたことなどから甘さ、大きさともに良い出来に仕上がっているということです。

 

◆食べた人は

「甘酸っぱくておいしい。子供も食べやすかったみたい」

 

県産のイチゴは来年5月にかけて昨シーズンよりも1割ほど多い、およそ1500トンの出荷が見込まれています。

最新のニュース